MLBのワールドシリーズの歴史

バッター

MLB30球団のすべてはワールドシリーズでの優勝を目指しており、それに向けた戦いを繰り広げています。ワールドシリーズの価値は全世界のスポーツイベントでもトップクラスにあり、日本人選手の中にも優勝した際に得られる指輪を目標に頑張っている人が少なくありません。当然アメリカ人もそれは同じであり、自分の住んでいる地域のチームが優勝したとなればその盛り上がりはかなりのものです。

ワールドシリーズの歴史は古く、1884年とされています。当初は全米選手権という名前がついていたにもかかわらず、当時のアメリカの風潮で世界王者などと誇張して呼ぶことが多く結果としてこの時期からワールドシリーズと呼ばれるようになっています。当時は試合数がバラバラであり、3連戦で決める時もあれば15試合も行うこともありました。そもそも今のように1つの組織が運営するものではなく、バラバラの運営母体のリーグのチャンピオンが争うようなものでした。

今のスタイルでは1903年にスタートし、以来100年以上続いています。1903年に参加していた16球団はいずれも複数回の優勝を経験し、それ以降に加入した14球団の中で半分の7球団が優勝経験がありません。中には出場したこともないチームがあり、いかに勝ち上がることが大変かがわかります。

メジャーリーグやプロ野球のブックメーカーへ

ピッチャー ピッチャー

アメリカには多くのベースボールチームがある

野球用具

アメリカのメジャーリーグは2つのリーグに区分されていて、1つはアメリカン・リーグで指名打者制度があり、もう1つはナショナル・リーグで指名打者制度はありません。西地区や中地区・東地区の3つの地区に区分されていて、両リーグは予告先発制度をとっており、昔から人気のあるスポーツです。

アメリカン・リーグはもともと14のベースボールチームが所属していました。1998年にタンパベイ・デビルレイズ、つまり現在のタンパベイ・レイズが加入したので、ミルウォーキー・ブルワーズがナショナル・リーグに移ります。ナショナル・リーグは1998年にアリゾナ・ダイヤモンドバックスが加入したことによってアメリカン・リーグは14チーム、ナショナル・リーグは16チームになりました。2013年にはナショナル・リーグのヒューストン・アストロズがアメリカン・リーグに移ったことによって、各地区5チームになります。日本のプロ野球とメジャーリーグにはいくつか違いがあり、ボールの大きさや重さが異なっていたり、バットの材質も異なります。日本の場合はヤチダモやホワイトアッシュが使用されていますが、メジャーリーグの場合はホワイトアッシュやハードメイプルが使用されています。

背番号「42」に秘められたMLBの思い

選手にはそれぞれの背番号がありますが、歴史に名を残すような選手であった場合、その選手の背番号は後々永久欠番になることがあります。

MLBの長い歴史の中でも永久欠番は存在し、中でも背番号「42」は全球団が永久欠番に制定しているほど意味がある数字となっています。

背番号「42」が永久欠番になった理由は、ある黒人選手の活躍があったためです。黒人差別が当然のようにあった時代において、MLBで活躍していた人で、近代のメジャーリーグでは初の黒人選手として知られています。

肌の色が違うという理由で差別や嫌がらせなどを受けながらも、紳士的な振る舞いをし続け、実力によって周りを認めさせていったとされています。アメリカに与えた影響は大きなもので、黒人に対しての差別意識を変える起点の一つになったと言われています。

その黒人選手のデビュー戦が4月15日であったことから、現在でもこの日には現役選手が背番号「42」をつけてプレーを行うという習慣が定着しています。

他のスポーツ界の黒人選手からも尊敬されており、MLBにとどまらず社会に貢献した選手と言えます。